肝臓をいつまでも健やかに保ち続けるためには、肝臓の…

肝臓をいつまでも健やかに保ち続けるためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低下しないようにすること、つまり、肝臓を老化させない対処法を実行することが必要なのです。

細菌やウィルスなど病気を生み出す微生物が呼吸とともに肺に進入して伝染してしまい、肺の内部が炎症反応を示した容態を「肺炎」と断定しています。

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口から血を吐くことですが、喀血とは喉から肺を通る気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血というのは十二指腸よりも上部にある消化管から血が出る症状を言い表しています。

人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに大別されますが、この中耳の近くに様々なばい菌やウィルスなどが付着し、炎症が発症したり、体液が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。

薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品添加物等の成分を酵素により分解して無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓が担っている非常に大切な務めの一つだということは間違いありません。

子どもの耳管は、大人のそれに比べると太くて短めの形で、加えて水平に近いため、様々な細菌が入りやすいのです。幼い子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、この構造が関係しています。

塩分と脂肪の摂取過多はやめて無理しない程度の運動に努めるだけでなく、ストレスの多すぎない日常生活を心がけることが狭心症の要因となる動脈硬化を防止する方法です。

HMSの調査によれば、普通のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインの除去されたコーヒーを飲用すれば、恐ろしい直腸癌の罹患リスクを半分も減少させることができたとのことだ。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、3~4日くらい服薬すれば、大体、8割~9割の人の自覚症状は治まりますが、そうは言っても食道粘膜の傷みや炎症が完全に治癒したわけではないようです。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が無感覚になったり下肢の著しい浮腫みなどが中心で、症状が進んでしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全などを発症する可能性があります。

鍼を気になる所に刺してもらう、という物的な程よい刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスと言われている要は電気信号伝達を誘引すると言われているようです。

自分で外から眺めただけでは折ったかどうか判別できない時は、違和感のある所にある骨を控えめに触ってみてください。もしその箇所に激しい痛みを感じたら骨が折れているかもしれません。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、所謂円い形をした赤い色の発疹・湿疹や鱗屑など、様々な皮膚疾患の総合的な病名ですが、その素因は実に様々なのです。

脳内のセロトニン神経は、自律神経を整えたり痛みのブロック、様々な器官の覚醒などを支配しており、単極性気分障害(大うつ病)の患者さんは動きが鈍くなってることが分かっているのだ。

フィトケミカル(phytochemical)のひとつのスルフォラファン(sulforaphane)という物質が、肝臓が持っている解毒酵素の機能的な生成活動を促進しているのではないかという新たな事実がわかりました。

投稿日: