残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜のスポーツ…

残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜のスポーツ観戦・翌日の子どものお弁当作りや食事の準備…。肌が荒れるというのを分かっていても、実際はしっかり睡眠時間を持てていない方がほとんどではないでしょうか。

頭皮ケアの主要な役目は健康的な毛髪を保つことです。毛髪に水分がなく乾燥したり抜け毛が目立ち始めるなど、大勢の人が髪の困り事を抱えているのです。

デトックスという言葉自体はさほど目新しくはないが、これはあくまでも代替医療や健康法の一種であり、治療行為とは異なることを分かっている人は少ないのだ。

ネイルケア(nail care)とは、手足の爪や甘皮などの手入れを指す言葉。ヘルスケア、美容、ファッション、医者による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全など幅広い活躍の場が存在し、ネイルケアは確立された分野の一つとなっているのだ。

メイクのメリット:新商品が発売された時の高揚感。メイク前の素顔とのギャップに萌える。様々なコスメにお金を費やすとストレスを発散できる。化粧をすることそのものに好奇心を抱ける。

女性が読む雑誌においてリンパの滞留の代名詞のような扱いで説明されている「むくみ」には大別すると、身体の中に病気が隠れている浮腫と、病気ではない人でも現れる浮腫があると広く知られている。

現代社会を暮らす私達には、身体の中には人体に悪い影響を及ぼす化学物質が取り込まれ、あろうことか私たちの体の中でもフリーラジカルなどが次々と作られていると喧伝されているらしい。

唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、皮ふのたるみは少しずつ悪くなります。にこやかに唇の両端を持ち上げて笑顔でいるように意識すれば、たるみの予防にもなるし、何より佇まいが素敵だと思います。

本来、健康的な皮ふのターンオーバーは4週間毎のサイクルで、毎日毎日細胞が作られ、1日毎に剥落し続けているのです。これらの「毎日の生まれ変わり」によってお肌は若々しさをキープしています。

歯の美容ケアが大切だと理解している女性は確かに増えているが、実際におこなっている人はごくわずかだ。その理由でもっとも多いのが、「どのようにしてケアすればよいのか知らない」という思いらしい。

全般的には慢性になるが、状況に応じた治療のおかげで病が管理された状態に保てれば、自然に治ることが予期できる疾患なのだ。

無意識の内にPCの画面に集中しすぎてしまい、眉間にしわ、かつへの字ぐち(余談ですが私はシルエットが似ているので「富士山ぐち」と勝手に呼んでいます)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。

一般的には慢性へと移るが、きちんとした治療のおかげで病態が統制された状態にあれば、自然治癒が期待できる疾患だと言われている。

美容外科(Cosmetic Surgery)は、人体の機能上の損壊や変形部の修正よりも、専ら美的感覚に従ってヒトの体の見た目の向上を重要視する医学の一種であり、独立している標榜科のひとつだ。

加齢印象を強める中心的な要因の一つが、歯にこびりついた”蓄積くすみ”です。一見ツルツルしている歯の外側には、見えないくらい小さな凹凸があり、毎日の暮らしの中で黄色っぽい着色や食物カスの汚れが蓄積しやすくなっています。

投稿日: